トップ / 麻酔科が考えるべき課題

麻酔科が考えるべき課題

麻酔科の課題とは

麻酔を専門に扱う麻酔科と課題

手術の際に不可欠な麻酔ですが、医師、歯科医師であれば行う事ができ、それ以外に必要な資格というのはありません。しかし専門的な知識と技術が必要で、患者の体調や症状に合わせて的確な処置を行う為に麻酔科医が存在するのです。実は麻酔のメカニズム、人体に及ぼす影響というのはまだ完全には解明されておらず、今後はその究明をすることが課題となっています。全身麻酔が原因の事故死というのもわずかですが報告されており、麻酔科医だけでなく医療界全般における喫緊の課題といえます。

麻酔科の抱える課題とはなにか

手術で使用する麻酔は、患者の痛みを取り除いてくれるものですが、投与する量を間違えれば、身体機能が弱まったり、逆に痛みを感じたりするので、非常に扱いが難しいことが課題です。そこで適度な量の麻酔を投与して、最も手術がしやすい状態を保つのが麻酔科医の役割です。ただ、麻酔科はすべての病院に設置しているわけではなく、また、深刻な人手不足ということもあり、どこでも同じような環境で手術できないことが課題となっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が転職成功するための秘訣. All rights reserved.