トップ / 医師もうつになりやすい

医師もうつになりやすい

医師もなる鬱のこと

医師がうつ病になることはあるか

医師も人間ですので、うつ病をはじめとする精神疾患を発症することはあり得ます。うつ病をはじめとする精神疾患は、強いストレスに晒される状態が長期間に及んだ場合に発症しやすいと言われています。うつや精神疾患について医者は医学的に知識を持っているため、自分の状態に対して対処しやすいと考える見方もありますが、実際は、長年地道に勉強に取り組んできたために対人スキルやコミュニケーション能力が決して高くないドクターも多く、そういった人が臨床で患者さんや他の医療スタッフとのコミュニケーション上の問題で悩み、かつストレスの多い医療現場に身を置くことで、ストレス過多な環境と相まって疾患を発症することがありえます。他に、精神疾患の患者さんを診察していくうちに、感情移入してしまい、鬱傾向をもってしまう医師もいます。精神科ではこのような現象を転移と呼んでおり、ドクター自身のメンタル管理も重要となってきます。ストレスの多い環境ですので心身の管理はドクターにとって重要なスキルとなってくるのです。

うつかと思ったら医者に相談

最近はストレス社会といわれてうつ病に悩まされる人が多くいます。しかしストレスや人間関係で起きるものなのでまさか自分が病気なんて思っていない人が多いのです。なのでうつ病は発見が遅いといわれる病気なのです。自分を分るのは周りの家族や友達ではありません。自分は自分が一番わかっているのです。いつもと何かが違うと感じたら医師に相談しましょう。最近では精神科病院が増えました。それだけ悩んでいる人が多いのです。行くことをためらう人も多いようですが今では病院内も暗いわけではありません。開放感があって医者も優しく患者の話をきいてくれます。自分が思い悩んでいることを話してください。自分はどうすればいいのか助言をしてくれるはずです。積極的に話してみましょう。治療は早い方がいいのです。遅くなったらうつが慢性化してひどい状態になってしまいます。少しでも異変を感じたら勇気をだして病院にいって医師に相談しましょう。きっと良くなるはずです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が転職成功するための秘訣. All rights reserved.