トップ / 医師が考える生活習慣病

医師が考える生活習慣病

医師の働く環境の課題

医師の環境についてのとらえ方

医師は、現代社会に渦巻く多くの生活習慣病が、様々な環境要因によって作られていることについて、患者もさることながら世の中に対して警告を発していく役割があります。健康を取り戻すために必要とされている生活リズムを整えることは、土台となる部分を見直してこそ、効果が現れます。体調面で影響を及ぼすと思われる要因を見直し、刷新していくことは、疾患の早期改善へとつながり、医療行為の成果そのものを向上させることにつながります。

医師を取り巻く環境の問題点

毎年約7,700人が医師になるための国家試験に合格していますが、依然不足していると伝えられており、全国の医療機関で約2万人以上不足しているそうです。特に地方ではやむなく診療科を休止する事態になってしまうなどとても深刻な問題となっています。その背景には人手不足による疲弊など取り巻く環境が悪いことが挙げられます。また産婦人科医などはお産は時間を問わず行われるので個人病院では続けることが難しい現状から閉院となってしまう所も多いです。今早急な対策が求められています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が転職成功するための秘訣. All rights reserved.