トップ / 医師が転科するタイミング

医師が転科するタイミング

医師が転科するなら

医師の転科で多いケース

医師にはそれぞれ大学を卒業する際に決めた専門診療科がありますが、働いているうちに他の診療科の方が合っているかもしれないと転科を考える方も少なくありません。しかし、実際に診療科を変えるまでに至るかというとまた別の問題が生じてきます。例えば、内科医が外科医になろうと考えても、これまで培ってきた技術や経験がまるで役に立たない分野であるため、ある程度の年齢に達していた場合はほぼ不可能といえるでしょう。特に働き出して10年以上が経過しているような場合は、今の診療科での専門性を高めていくような段階にきているため、一からのスタートになるようなことは周りの理解も得られないといえます。このようなことから考えると、医師の転科で多いケースというのは限られてくるといえ、外科医から内科医になるケースとまた研修を終えて2~3年目あたりのキャリアとなります。上記以外のケースで診療科を変えるというのは成功しづらいため、考えたことはあっても実際に行動にうつしたというケースは少ないのです。

医者の転科は早めの決断が重要

医師として働き始めると、今の診療科に合わないと感じたり、他の診療科に興味が出るというようなことは珍しくありません。このような時、本気で転科を考えるのであれば早めの決断が重要となります。なぜなら、職業的に専門性が高く、さらに診療科が細部に別れていることからも分かるように、それぞれの診療科の専門性も非常に高いため、時間が経過すればするほど新しい分野へ挑戦することが難しくなってしまうからです。特にまったく違った診療科への転科を希望しているような場合、医師として働き始めて数年程度のまだ成長期にあたる方と既に10年以上が経過している成熟期の方とでは、時間的な猶予も精神的な猶予も大きく違ってきます。成長期の段階であれば新たな診療科でも専門性を得るまでに至ることが出来ますが、そうでない場合は、想像以上の努力が必要となると考えられます。このようなことから、今までと違った診療科へ挑戦する意思があるのであれば、早めに決断することが望まれるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が転職成功するための秘訣. All rights reserved.